smtwtfs
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
profile
Google Adsense
new entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
mobile
qrcode
others
無料ブログ作成サービス JUGEM
search this site.

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -

行きたい「展」 3つ




1月に行った「北九州のディテール展」
場所を変えての巡回展。
今回は磯崎新氏設計の北九州文学館にて。
前回見逃した方は是非!

「北九州のディテール展@北九州市立文学館」

http://www.sohkai.or.jp/?p=1891

講座『ディテールでみる北九州の近現代建築』
講師:古森弘一(建築家)
これはききたいですね〜






「美味道楽七十年 魯山人の宇宙」展
これも行きたいです。

http://kmma.jp/honkan/exhibition/2014_rosanjin.html






「武家の装束ー姫君たちの装い」これもみたいです。 
(ピンがあまいm(_ _)m)

http://sunday-web.net/townguide-all/townguide-kitakyu/武家の装束ー姫君たちの装いー/


 

at 22:51, 万里緒, 写真展

comments(0), trackbacks(0)

大竹昭子写真展「ニューヨーク1980」


大竹昭子写真展「ニューヨーク1980」


福岡のカフェ&ギャラリー・キューブリックで
4月13日にトーク&スライドショーがあるので行きたいですね。

at 00:10, 万里緒, 写真展

comments(2), trackbacks(0)

GO CAN vol.3~MIKAKU~

フォトユニット 「Cosmic River」さんによる 企画写真展
GO CAN vol.3~MIKAKU~」に行って来ました。

五感を刺激するコトをコンセプトとした写真展。
今回は「味覚」がテーマ。

場所は北九州市小倉北区の室町にある SPITAL というカフェの2階。
雨と風の音をききながら 抹茶ミルクを飲みながら
まったりと 写真をみてきました。 


SPITAL




 


トレーシングペーパーにプリントされた大きなモノクロ写真。
二人のフォトグラファー(ともに女性)が 
同じモデルさんを撮っているんだけど全然違う人に見える。

ブックも3冊おいてあって
それぞれ~MIKAKU~をテーマにつくられている。

ドレス ヘアメイク アクセサリー イラスト 言葉・・
どれも それぞれにいい。






ふたりの視覚 ふたりのアプローチ。

まわりを巻き込みつつ 
なにより本人達が楽しんでいるのが伝わってくる。

今回も展示の仕方が凝っていて 構成力があり
なおかつ 広がりも感じられる おもしろい写真展だった。






6月1日から11日までは MEGAHERTZ というライヴハウスで 
違う写真で構成された GO CAN vol.3~MIKAKU~」の後半が あるそうです。

 MEGAHERTZ HP


こちらも行く予定!


at 21:30, 万里緒, 写真展

comments(2), trackbacks(0)

GO CAN vol.2 ~SHIKAKU~@MEGAHERTZ


 


バイト先で知り合った方の写真展へ行って来ました。

(同じ頃に入った人が女性カメラマンだったの!)

二人展だったので

どんなかんじかあなぁと思っていたんだけど

同じモデルをふたりで撮ったり

ことばにこだわっていたり

いいかんじでうまく融合していて

とてもよかった。

スペースともよくマッチしていた。



DJの方は飾られていた写真のモデルさん。

音楽もきけてとっても楽しかった。



文字を写真で撮ってつなげる。

おもしろいアイディアだな。

ちょっとまねしようと思う。



今日は若い人にいい刺激をもらって

また楽しく写真を撮ろうと思いました。



6月26日まで。
平日は18:00~2:00までカフェバー。

Final Party:6/26  21:00~
                Ticket ¥1500






at 00:08, 万里緒, 写真展

comments(4), trackbacks(0)

写真から見る演劇〜その瞬間の輝き〜

「写真から見る演劇〜その瞬間の輝き〜
舞台写真家・谷古宇正彦(やこう まさひこ)写真展」を見てきました。

実際の舞台を見た演劇の写真を見ると
さまざまなシーンが思い出され

見たことのない舞台の写真を見ると
そこからイメージがひろがっていきました。

凝った衣装や着物をじっくり見ることができてよかったです。

テレビなどで見慣れた俳優さんたちの
役者としての顔は
また違った魅力でした。

いろんな舞台が見たくなった。


北九州芸術劇場の小劇場にて。


実は16日にあるワークショップに参加することになっていて
今からとても楽しみです。





at 23:37, 万里緒, 写真展

comments(0), trackbacks(0)

TAIZO + TAKEO 2007




図書館とは別に武雄温泉新館にも一ノ瀬泰造の写真が何枚か展示してあった。

こわくて引き返したこと
従軍はいやだけど戦地へ行くにはそれしかないこと
自分のことを
へっぴり腰
未熟
などと書いていた。


一ノ瀬泰造のTAIZO展と同時に一般公募写真展TAKEO展も開催。
こちらは旅館や商店などが会場。
元気なおばあちゃんの写真がいっぱい。
やっていることはいいことなんだけど
展示の仕方をもうちょっと工夫されたほうがいいんじゃないかなと思いました。






武雄温泉新館で足湯



at 23:34, 万里緒, 写真展

comments(0), trackbacks(0)

一ノ瀬泰造写真展@武雄市図書館

今日は呼子で撮影したあと嬉野で撮影の予定だった。

武雄だったら一ノ瀬泰造の写真展が見られるのになぁと思っていたら
呼子で撮影を終え嬉野へ向かっている途中
編集部から「取材先の店から撮影は武雄店でしてほしいと連絡があった。」
という電話がはいった。
しかも1時半には到着しそうなのに「撮影は3時以降に」とのこと。


招待券をもっていたのでライターさんとふたりで見てきました。



戦車の上のマスコット犬
お父さんのお墓の上で大泣きする男の子
アオザイの女性



ご両親や友人にあてられた手紙の文章がそえられているのだが
飾らない素直な気持ちが書かれてあった。

若いイメージでしたが生きていたら還暦なんだそうです。

at 23:10, 万里緒, 写真展

comments(2), trackbacks(0)

森山大道写真展

やっと行ってきた。

迫力。
なんだろうなぁ。
写真が大きいからだけではなく
やはり写っているもの。

来年70らしいが
活動は活発なようだ。
60とか70になったときって
わたし何撮ってるだろう?

18時以降はワインワンドリンクサービス。
チケットがあれば
会期中は何度でもみられる。
また行こうっと。

イムズ(福岡市中央区)8F 三菱地所アルティアムにて

at 00:36, 万里緒, 写真展

comments(2), trackbacks(0)

世界報道写真展2007



「世界報道写真展2007」へ行ってきた。


オランダの世界報道写真財団が
毎年主催する「世界報道写真コンテスト」
50年目の今年、応募者は124ヶ国4460人。
その入賞作品で構成された写真展。

〜10月8日 
アクロス福岡2F交流ギャラリー
10:00〜18:00(入場は17:30)
入場料=一般500円



爆撃
強制撤去

難民
負傷兵
ホームレス

9才の売春婦


泣く人
叫ぶ人
呆然とする人

狂った人


ビーチで密入国者を助ける観光客



小さな子どもの遺体





以前ほど衝撃を受けない自分がいる。





《日常生活の部:組写真1位》は
アメリカ人が撮った
「孤独な男たち−東京−」
モノクロの写真にはサラリーマンが写っていた。

ちょっと複雑な気持ち。



写真には
写真家の
視線がある。
ときには思い込み
ときには意図
ときには他人の操作。

見るひとの先入観。

ときには意図しない虚像
ときにはそのままの現実。


だから よく 見なくちゃ


at 23:42, 万里緒, 写真展

comments(2), trackbacks(0)

光のメッセージ



「筑豊で出会った作家達」
陶器と写真の作品展


今日は知人に教えてもらった写真展をみてきた。

「なにこれ?太陽じゃないね。」
「光、つまりエネルギーよ。」

???わかるような わからんような???

「このひとにしか撮れないのよ。」
「ふ〜ん。」

不思議だが
きれいな写真だった。
実際の虹や
虹のような光の写真もあった。

お仕事は別にもっている方らしい。
小鶴鉱次さん
ヒーリングアート・フォトグラファー

〜9月30日
福岡市大宮2−1−31
U/TERRACE 1F
13:00〜17:00

10月2日〜7日までは直方でもやっているようです。
直方市須崎町13−29
11:00〜16:00
休日/月曜

やすむら
http://www.yasumura.jp/

at 01:24, 万里緒, 写真展

comments(2), trackbacks(0)